LTX-JAPANのネタ帳

1) 原付のウインカーを流してみる



使用したもの

T10 3連流星コントローラー
流れるウインカーがお手軽にできるコントローラーです。

ユニバーサル基板
切ったり、曲げたりできる自由度の高い基板です。

レモンイエローLED素子
今注目のレモンイエローのLED素子です。

Let's Challenge!!


今回のモデルとなるバイクは
「ライブディオ ZX」となります。
まず、LEDの基板を製作していきます。
レンズを開けて型を取って基板をレンズの形に切り取ります。
今回は、基板にカーボンシートを貼りました♪
しゃれおつ~('▽')ww


今回は、今話題のレモンイエローで打ち変えてみました!
これが可愛いんですよ!ww


抵抗を配置して3連で流すので、3ブロックに分けて配線をします。


次にコントローラーの製作に移ります。
CR時定数とコンパレーターで3段階の信号を作ります。
段数を多くすれば5段でも6段でも可能ですが
今回は3段階にしておきます。
入力にはT10のソケットをつけておきます。


コントローラーを、LEDの基板とくっつける!


さっ! 取り付けだー!
とりあえず、ソケット差し込んで、点灯確認、、


ホットボンドで仮付けして、


シリコンで、しっかり固定します。
あとは、固まるのを待つだけ~♪
楽しみー(・∀・)


完成!
こんな感じに流れます('▽`)
お手軽につけられる簡易型の流れるウィンカーコントローラーでした。
面倒な線の引き回しなどもなく、T10の球を抜いて差し込むだけ♪
コントローラー もレンズの中にすっぽりと納まる小型の物にしてみました。
原付と言う事ですが、、当然車にも応用できますヽ(´∀`)